SOHO確定申告ガイド

TOP PAGE > 事業所得 > 雑所得との違い
LAST UPDATE: 2015/8

事業所得と雑所得との違い・比較

 事業所得は雑所得のワンランク上の所得区分〜 なんて言われますが、そもそもこれら二つは何が違うのでしょうか。

事業所得

 文字通り、事業を営む上で発生する所得の事。 (→ 事業所得の概要

雑所得

 10区分の所得のうち、どの所得にも当てはまらない所得の事。 副業・副収入のほとんどがこの区分になり、ちなみに、事業所得として認められない規模の事業の大半もこの雑所得扱いになる。 (→ 雑所得の概要

これら2つの違い

 @確定申告不要制度

同右(但、事例がないので要確認) 給与所得者は20万円までなら申告不要

 A専従者給与(家族従業員への給与支払い)

一切認められない

 B青色申告に関する事項

最大65万円の特別控除 控除は一切なし
少額減価償却資産の特例有り ---
損失の繰り越し有り ---

 ※ 控除とは、手取り収入から除外出来る収入のことで、除外された分だけ所得も減り 支払う税金も減るという感じ。

 C必要経費の計上

○(但、やや制限あり

 D損益通算

なし

 ※ 損益通算とは

 まあこんな感じかな。

 雑所得は、唯一20万円までの申告不要制度がメリットな程度で、それ以外は事業所得の圧勝かな。。 以上参考までに。

テーマ
事業所得

おにぎらずに対抗しておむすばず考案中。ジャーサラダに対抗してジャージャージャー麺(もはやネタ)思案中。(管理人)
テーマ INDEX

(C) SOHO・確定申告ガイド