SOHO・確定申告ガイド 個人事業者のための税務会計〜確定申告ガイド
 HOME > 勘定科目一覧 > 費用 > 販売管理費(経費) > 【 福利厚生費 】


     福利厚生費 


    【 読み 】
      ふくりこうせいひ

    【 概要 】
      従業員の為に支出する福利厚生の費用。
       ※ 福利 =「幸福と利益」、 厚生 =「生活を健康で豊かにすること」

    【 該当する主な費用 】
      社員旅行、忘年会、新年会、慶弔費(お祝いなど)、置き薬、制服、(交通費)
      ・・・など。

    【 注意点 】
      ・「福利厚生費」は、全社員の為に平等に支出される事が大前提です。
       特定の従業員だけ・・という費用は、福利厚生費に該当しません(給与扱いになる)。

      ・事業主だけ、専従者(家族従業員)だけ、もしくは事業主と専従者だけの慰安旅行や飲食代
       ・・・という費用は、「福利厚生費」として一切認められません
(家事消費になる)。

      ・専従者の「福利厚生費」が認められるのは、家族以外の「従業員」を雇用し、その従業員と同
       じ扱いでなければいけません(事業主と専従者だけの慰安旅行はダメですが、従業員も加え
       た社員旅行であれば、専従者の費用も「福利厚生費」として認められます)。

      ・専従者以外の従業員が参加し、全社員で行う慰安旅行や懇親会(飲食)でも、原則、個人事
       業主に「福利厚生費」の適用はありません

       但し、旅行の引率や、管理上 必要だと認められる 事業主の参加費用は、費用の全
       額を必要経費として処理する事が可能です(「福利厚生費」で仕訳をしてもOK)。
          必要だと認められる基準は、行事内容や環境によって 「ケース・バイ・ケース」です。
            経費が認められるかどうかは、最寄の税務署などへ相談される事をオススメします ^^


      ・慰安目的の旅行(社員旅行)は、4泊5日以内(海外旅行は現地の滞在日数)、全社員の半
       数(50%)以上が参加する事。

      ・従業員の交通費(交通手当)は、「福利厚生費」よりも「給与」の方が一般的。

      ・「福利厚生費」を経費計上する場合には、「誰が」「何人で」「何のために」・・・といった、細かい
       明細をメモ書きしておく事。

      ・社会保険(厚生年金、健康保険、労働保険、雇用保険など)の支払い費用は、「福利厚生費」
       ではなく「法定福利費」になります。

    【 消費税の課税区分 】
      課税
      「法定福利費」は非課税。
      慶弔費や、「手当」として支払う費用(給与)は原則 不課税(通勤手当を除く)。

    【 仕訳例 】
      ・従業員の結婚祝いを渡した。
借方 金額 貸方 金額 摘要
 福利厚生費 50.000  現金 50.000  従業員の結婚祝い

      【 必読 ⇒ 必要経費についてアレコレ。 仕訳をする上での基本事項、注意事項など

        当サイトは、SOHO系の個人事業者を対象としておりますので、法人に関する福利厚生費
          の情報は掲載しておりません。
          上記例は、一般的によく使うと思われる ほんの一例です。
          仕訳例は、税込み経理を基準としています。




HOME へ戻る
Back to the HOME

        

Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.