SOHO確定申告ガイド

TOP PAGE > 勘定科目一覧 > 費用の部(ひようのぶ)

【勘定科目一覧】 費用の部

 営業、商品の販売に必要な経費など、「販売管理費」を表す勘定科目ほか---

経費 /販売管理費

 なにげに大好き。 必要経費。

租税公課 税金や印紙代などの費用。
荷造運賃 商品の発送に係る梱包料や運賃など。
水道光熱費 電気代やガス、水道代など。
旅費交通費 業務に係る旅費や交通費など。
通信費 電話やインターネットなど、通信に関する費用。
広告宣伝費 商品のアピール・宣伝に必要な費用。
接待交際費 取引先・顧客との飲食代や贈答品など。
損害保険料 損害保険の保険料。単に保険料とも言う。
修繕費 事業用として使われている資産の修理代。
消耗品費 取得価額が10万円未満、もしくは使用可能期間が1年未満のもの。
減価償却費 減価償却資産の中で、当期において償却される額。
福利厚生費 従業員に、福利厚生として支払った費用。
給料賃金 従業員に支払う給料。
外注工賃 外部へ支払った下請・加工費用など。
利子割引料 事業用の資産などを、ローンで購入した場合の金利手数料。
地代家賃 事業用として使っている建物の家賃など。
貸倒金 売掛金など、回収不能となった損失額。
支払手数料 銀行の振込手数料や、登録に係る手数料など。
車両費 事業用車両に使われる費用。
新聞図書費 新聞や本などの費用。
為替差損 外国為替相場による損失額。
賃借料 レンタル料など。
支払報酬 税理士などの士業、その他原稿料などの報酬。 一般的に源泉徴収が必要なもの。
貸倒損失(貸倒金) 回収不能となった売掛金などを管理する科目。
雑費 上記の勘定科目のいずれにも該当しない費用。

売上原価

 販売する商品・製品の仕入れにまつわるもの。

期末商品棚卸高 期末において、販売されなかった在庫の決算仕訳に使う勘定科目。
期首商品棚卸高 前期から繰り越された商品在庫。決算仕訳。
仕入高 販売する商品や製品の原材料等の仕入れ、購入費用。
仕入値引・返品 仕入れた商品の値引き、および返品処理。
期末製品棚卸高 期末において、販売されなかった在庫の決算仕訳に使う勘定科目。
期首製品棚卸高 前期から繰り越された製品在庫等。決算仕訳。

営業外費用

 営業外取引きに関するもの、及び上記費用いずれにも該当しないもの。

雑損失 営業外取引きに関するもの、及び上記費用いずれにも該当しないもの。

繰入額等

 個人事業の場合、以下科目以外で使われる事は稀かな。

専従者給与 家族に支払う給料。

 ※ やよいの青色申告で、新しい勘定科目の作成方法(必要経費の場合)。 「設定」 → 「科目設定」 → 損益科目タブをクリック → [経費]ファイルを右クリック → 「勘定科目の作成」 で、新規作成します。 (但し、ソフトウェアのバージョンによって異なる場合あり)

 以上、各ご参考までに。

テーマ
勘定科目辞書

個人事業でよく使われる勘定科目を仕訳例とともに一覧にしてみました(個人事業向け)。
部門別
  • 資産の部 (現金や預金、大型備品等を管理)
  • 負債の部 (未払いや借入とか、いずれ払うもの)
  • 資本の部 (主に事業資金。 いわゆる軍資金)
  • 収益の部 (仕入れ・売上げに関連するもの)
  • 費用の部 (みんな大好き!? 必要経費)
費用の部。主な勘定科目

(C) SOHO・確定申告ガイド