SOHO・確定申告ガイド 個人事業者のための税務会計〜確定申告ガイド
    

  ・HOME
【 ページ目次 】
  ・商品の仕入れ
  ・原材料の仕入れ
  ・商品、材料の期末処理
  ・商品、材料の返品等

 
 HOME > 商品・材料の仕入れ


    商品・材料の仕入れ
    (しょうひん・ざいりょうのしいれ)

   売上げと入金ばかり考えていても、
   販売する商品を仕入れない事には商売が始まりませんよね〜 ^^

   ちなみに・・・、
   アフィリエイトには 「仕入れ」という行事はありません。 記帳が楽でいいですね〜 ^^)/
   (2008年11月 更新)


   【 商品を仕入れたっ! 】
   商品の仕入れはもちろん、「発生主義」でお願いしま〜っす!
   で、「発生主義」による 「仕入高」の計上タイミングは・・・、

     「商品が納入」された時点が基準です ^-^)/
     請求書を受取った時点ではありませんよ〜!

   但し、商品の対価(商品代金)が確定していない場合や、代金を支払う義務が確定(掛け買い
   も含む)していない場合には、リアルタイムに 「仕入高」を計上する事が出来ません。

   何だか難しい説明になりそうなので、
   仕入れに関する仕訳を、具体例と一緒に簡単に説明しておきますね〜 ^^


    商品は納品されたが、請求書が後日送付で商品代金が分からない場合・・・、
       本来は商品が納入された時点で 「仕入高」の計上を行いますが、ごく稀なケー
       スで、請求書が無いと商品代金の詳細が分からない・・・という場合もあります。
       このような場合には、請求書が届いて 「仕入高」の計上ではなく、商品が納入
       された日にさかのぼって記帳
するのが一般的です。

       商品が手元にあるという事は、商品を自由に販売出来る状況ですので、請求
       書ベースに仕入れを立てていると、仕入れと売上げのバランスに矛盾が発生し
       てしまいますから・・・。

       但し、請求書が後日でも、商品代金が確定している場合には、納品された日に
       「仕入高」を計上しなければいけません。


    仕入れに輸送費がかかった・・・、
       商品を購入するために必要とする 「運送・荷役費用」・「保険料」・「手数料」・「関
       税」・・・等は、原則 商品の仕入れに付随する費用として「仕入高」に計上(商品
       の取得価額に含める)しなくてはいけません。

       10万円の商品を仕入れた際に(先払い)、別途 引取り運送が5,000円かかった。
借方 金額 貸方 金額
 仕入高 105.000  前払金 100.000
  -  現金 5.000

       また、商品の整理や手入れ、拠店間の輸送、検収・検査に支出した費用も 商品
       の取得価額に加算する必要がありますが、これらの付随費用の合計が、仕入れ
       た商品の購入価格のだいたい3%以内であれば、これらの付随費用は商品の取
       得価額に含めず、当期の必要経費として処理する事も出来ます。

       注意! 上記で説明した 原則処理の付随費用は適用外です!
             (「運送・荷役費用」・「保険料」・「手数料」・「関税」などの付随費用は、
             どんなに額が小さくても商品の取得価額に含めなくてはいけません)

        ※ 参考 ↓ (国税庁HPより)
         http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/08/02.htm

       付随費用も色々とありますから、原則の基準を判断する事が難しい場合には、
       取り合えず商品の取得価額に含めておきましょう〜 ^^)/


    商品を注文した・・・、
       商品を注文した時点では、「仕入高」の計上は行いません。


    商品の注文時に、商品代金の一部、または全額を前金で支払った・・・、
       商品を注文した時点では商品は納入されていませんので、注文時には「仕入高
       の計上は行いません。
       また、商品代金の一部、または全額を前払いした場合でも、「仕入高」を計上する
       タイミングは商品を受取った時点になります。

       10万円の商品を注文し、前金の3万円を銀行から振込した。
借方 金額 貸方 金額
 前払金 30.000  普通預金 30.000

        注文していた商品が届いた。 残りの7万円を支払って商品を受取った。
借方 金額 貸方 金額
 仕入高 100.000  前払金 30.000
  -  現金 70.000


    納品される前に請求書が届いた・・・、
       ありえないケースではありますが、極々稀に こういった事もあるようです く(^v^A
       もしこのような取引があった場合でも、「仕入高」の計上基準は「納品日」です。
       請求書が届いた時点では、何の仕訳も行いません。


   
   帳簿上では、仕入れた商品は全て 「仕入高」にまとまり、ある程度までならば 「総勘定元帳」
   で管理出来ますが、仕入れる商品が多種多様になる場合には、「商品出納帳」や「商品・仕入
   台帳」などで管理した方が良いでしょう〜 ^^)/

   仕入れた商品の流れをきちんと管理していれば、税務署からツッコミがあった場合にも商品の
   把握をきちんと説明できますし、期末の棚卸処理にも役立つかも・・・ ^^



NEXT >>> 【 原材料の仕入れ 】

HOME へ戻る
Back to the HOME

Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.