SOHO確定申告ガイド

TOP PAGE > 勘定科目一覧 > 資産 > 棚卸資産 > 製品

製品

読み方

 せいひん。

概要、該当する主な対象

 販売を目的とし、原材料から自ら加工製造をした完成物品(外注製造も含む)。

注意点

 ・原材料から加工し、製造された完成品のみ 「製品」として取り扱います。

 ・原材料の仕入れは 「仕入高」勘定。 製品が売れた時は 「売上高」勘定で管理。(製造原価の計算をしない場合)

 ・「製品」勘定は、期末(年度末)における製品の棚卸評価額を次期(翌年度)へ繰り越す為に用いられるのが一般的

 「製品」勘定について詳しくは 「商品・製品(棚卸資産)」をご参照下さい m(_ _)m

消費税の課税取扱い(区分) 

 ---

仕訳例(仕分け例)

期末における在庫製品の決算仕訳例。

借方 貸方 摘要
期首製品棚卸高 53,200円 製品 53,200円 前年度からの繰越分
製品 88,540円 期末製品棚卸高 88,540円 当期末在庫の棚卸評価額

 以上参考までに。
 やよいの青色申告で 「製品」を新設する方法。 「設定」 → 「科目設定」 → [棚卸資産]ファイルを右クリック → 「勘定科目の作成」で新規作成します。 (なお、ソフトウェアのバージョンで異なる場合もあります)

(※ なお、これら仕訳例、及び勘定科目各概要は主に個人事業者を対象としたものとお考え下さい(一応当サイトでは、法人仕訳等には触れておりません)。 また上記例は一般的なごく一例です。 それと消費税に関しては税込経理としての仕訳となります)

テーマ
勘定科目辞書

個人事業でよく使われる勘定科目を仕訳例とともに一覧にしてみました(個人事業向け)。
資産の部。主な勘定科目

(C) SOHO・確定申告ガイド