SOHO・確定申告ガイド 個人事業者のための税務会計〜確定申告ガイド
    

  ・HOME
【 ページ目次 】
  ・社会保険について
  ・国民健康保険
  ・国民年金
  ・個人事業主の退職金

 
 HOME > 社会保険について


    社会保険について
    (しゃかいほけんについて)

   雇われ社員の時には全く気にならなかった社会保険も、個人事業として開業した時になって
   はじめて色々と気になりだします ^^
   会社員時代に加入していた 「健康保険」や 「厚生年金」などは、個人事業主となったらどうな
   るのでしょうか・・・
   (2008年11月 更新)


   【 社会保険について 】
   一般的に 「社会保険」と呼ばれている保険制度には、
   大きく分けて 「健康保険」、「厚生年金」、「労災保険」、「雇用保険」の4種があります。

   ・・・で、
   これらのうち、個人事業の事業主(個人)になる事で加入が出来ないものは・・・

   全部です ^^

   これらの全ての社会保険は雇われる側のみが加入でき、個人事業の事業主は、これらの4種
   の保険にはどうやっても加入する事が出来ません
   (※ 一部、法人の事業主は除く)

   まあ・・・、「雇用保険」に関しては、事業主は雇用されているわけではないので、加入出来な
   いのは分かりますが・・・ ^^


   但しっ!
   これらのうちの 「健康保険」と「厚生年金」に関しては、加入出来ないだけであって、これら
   に替わる保険へ加入する事が義務付けられています


   それが 「国民健康保険」と 「国民年金」です。

   会社員時代に加入していた 「健康保険」や 「厚生年金」は、個人事業主になると 「国民健康
   保険
」と 「国民年金」へ変わります(要・切り替えの手続き)。
   (※ 「健康保険」や 「厚生年金」の被保険者の資格は退職と共に喪失しますので、退職後
      直ぐに個人事業を開業しなくても、「国民健康保険」と 「国民年金」への加入手続きは
      必ずやっておきましょう〜)
   (※ 「国民健康保険」と 「国民年金」への加入は義務(強制)になります)

   ちなみに・・・、
   「労災保険」に関しては、入りたくても入れない・・・困った・・・でも仕事中のケガくらいは・・・
   という方には、業務中のケガまで補償してくれる 「あんしん財団」という共済がオススメかも ^^

   今まで会社員として雇用の恩恵を受けていた方は、個人事業へ転職する事により、年金や各
   種保険の重さが身にしみますね・・・ (T△T)



NEXT >>> 【 国民健康保険 】

HOME へ戻る
Back to the HOME

Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.