SOHO・確定申告ガイド
 HOME > 税務調査の対策!?


   【 税務調査の対策!? 】
   (2008年11月 更新)

   「税務署!!」
   小気味良く発音できる気持ちの良い発音バランスですが、
   出来れば聞きたくない言葉です。

   私の実家も事業を経営しており、
   もちろん 「税務署」がやってくる事もありました。

   署員の人、スゴイですね〜。
   何が何でも 追加納税させようと血眼状態なんですよ。
   これが・・・。

   事前に、ある程度見越して判別して調査に乗り込んでくるらしいですが、狙っていたポイントが的外
   れだと、ありとあらゆる細かい記帳を指摘してくるんですね〜 ^^
   青色申告会の記帳相談や税務相談による会計処理も 「甲斐なし」・・・と言えるほど、色々な角度か
   ら細かく、普通では突っ込まれないような所まで突っ込んでくるようです。

   何とか追加納税のネタを探し出せればお仕事終了ー! てな感じです。
   その時は、ほんの数万円の追加納税のようでした。

      「コレが仕事なんで、手ぶらでは帰れない」

   ・・・だ、そうです。
   「来たからには何か (追加納税?)持ち帰らないとマズイ」・・・といった雰囲気です。

   しかし、きっちりと完璧な記帳はほぼ 「無し」に等しいようですね・・・。
   うちの会社の記帳はかなり優秀だったらしく、その後は一切税務調査が来る事はありませんでした。
   (※ 経理はうちの母で、頻繁に記帳相談していた様子ですから・・・)


   ・・・で、その時、何で税務署が来たのか・・・

   毎年の平均申告額から突出した利益と経費があったからだそうです。

   確かに、その事業年度では大きな仕事が入り、平年の2倍くらいの収入があったそうです。
   しかも、臨時的にアルバイトを増やしたもんで、一時的に必要経費の額も突出していました。
   (※ 利益が上がってそうなのに〜 ん? 何故か変に給料が多いぞ? といった具合でしょうか)


   「平均よりも大幅に突出した目立つ部分がある決算書
   これが税務署の大好物のようですね〜 ^^

   後のご想像は、各個人にお任せ致します。

   



HOME へ戻る
Back to the HOME

        

Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.