SOHO・確定申告ガイド 個人事業者のための税務会計〜確定申告ガイド
    

  ・HOME
【 ページ目次 】
  ・ローン、クレジット知識
  ・銀行借入ローン
  ・信販会社クレジット
  ・月々金利手数料の算出
  ・ボーナスの金利手数料
  ・クレジットカード

 
 HOME > ローン・クレジット


    ローン・クレジット
    (ろーん・くれじっと)

   月々のローンやクレジットの金利手数料は必要経費になるんだ〜!  \(^v^)/
   ・・・という事で、ローン・クレジットの契約書や明細書を見てみると・・・。

   ん?

   金利手数料の総額は分かるけど、月々の支払額の内訳(金利手数料分と元金分)が書いて
   ないじゃないかーーー!  分からん! ワチョーーー!
   (2008年11月 更新)


   【 月々の支払額から金利手数料分を算出 】
   信販系クレジットを利用した場合に、月々の支払額から「金利手数料分」と「元金分」に分けて
   内訳額を算出する方法を紹介しておきます ^^)/

   但し!
   以下の計算方法は「信販系クレジット」のみに対応しています。

   銀行借入ローンは月々の金利手数料額が変動する複雑なタイプがほとんどなので、
   銀行ローンの場合には、借入ご利用の銀行へ相談されてみて下さい m( _ _ )m
   私自身 銀行の借入経験がないので、知識不足です・・・。
    ※ 参考 ・・・ 「銀行借入ローンについて(別窓)
    ※ 銀行借入シュミレーションなら、こちら が参考になると思います。
       http://www.miya-shoko.or.jp/interest/interest.html
       http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/winnt/business/kinri/

   それでは! 実際に計算をしながら説明していきたいと思います ^^)/

   【 支払例 】
   ・クレジット(ローン)の利用額は 1,800,000円、
   ・支払回数 60回
   ・初回の支払額は 38,937円、
   ・月々の支払額は 35,500円 × 59回
   ・金利手数料の総額 333,437円

    
   先ず、「利用明細書」や「契約書」に記入されている金利手数料(分割手数料)の総額を、支払
   回数で割ります!

   金利手数料の総額が333,437円で、60回払いなら 「333,437円 ÷ 60」です!

    
   そして、金利手数料を支払い回数で割った金額の、100円未満の金額を切り捨てます!
   「333,437円 ÷ 60」 の場合だと 「5,557.2833 円」!
   (小数点4桁以下は切り捨ててもOK)

   100円未満の「57.2833 円」を切り捨てて「5,500円」!
   なんと! この「5,500円」こそが、2回目以降支払額の月額金利手数料です〜 ^^)/

   つまり、35,500円 − 5,500円 = 30,000円 (月の支払額から金利手数料分を引く)
   月々の支払額の内、30,000円が元金5,500円が金利手数料という事です ^^

    
   次に、初回分の金利手数料を計算します。

   2回目以降の支払額が「5,500円」なので、
   2回目以降の59回分の金利手数料は 「5,500円 × 59」 = 「324,500円」。
   金利手数料の総支払額が333,437円ですから、59回分の324,500円を差し引いて・・・、
   「333,437円 − 324,500円」 = 「8,937円
   そうです! 「8,937円」が初回分の金利手数料〜〜〜 ^^)/

   後は、元金と金利手数料に分けるだけ〜。
   38,937円 − 8,937円 = 30,000円!
   初回支払額の内、30,000円が元金8,937円が金利手数料という事です。

   他にも色々な計算方法がありますが、この方法が一番簡単な方法ですね〜 ^^
   もし、信販会社が金利手数料の内訳を計算してくれない場合には、上記の方法で計算して、
   月々の支払額の内訳(元金部分と金利手数料部分)を計算しちゃいましょう〜  \(^v^)/


   
   Q. 何で、均等に割った金額の「100円未満」を初回分へ加算するの?
   A. 信販系クレジットには、
  元金+金利手数料を支払い回数で均等に割った額の、100円未満の金額を
  全て初回分に加算する。
      ・・・という特徴・基本ルールがあります。
      あまり深く考えずに、信販系クレジットの基本として考えて下さい〜 ^^


  
   ちなみに・・・、
   月々の元金支払額が知りたい時も、「元金 ÷ 支払回数100円未満切り捨て」 を使
   えば、月々の支払額の元金分だけピックアップする事も出来ちゃいますよ〜 ^^

   例えば、元金100万円の60回払いの場合には・・・、
   1,000,000 ÷ 60 = 「16,666.6666円」。
   100円未満切り捨てで、「16,600」が59回分の月々の元金分です。

   先ほどは金利手数料から算出しましたが、元金からも算出できますね〜 ^^

   応用として・・・、
   クレジットの一括清算時の内訳にも使えます。

   信販会社系のクレジットを一括清算する場合には、未払いの元金部分にも規定に応じた金利
   手数料が加算されますので、
     

   信販会社系のクレジットを一括清算した時に、未払い回数さえ分かれば、清算額の元金分に
   加算されている金利手数料分も計算出来ちゃいますね〜 ^^)/

   え〜、次のページではもう少し複雑に踏み込んでみて・・・、
   ボーナス払いを併用している支払パターンから、金利手数料分と元金分を内訳算出してみた
   いと思います ^^



NEXT >>> 【 ボーナス払いを併用した支払から金利手数料分を算出 】

HOME へ戻る
Back to the HOME

Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.