SOHO・確定申告ガイド 個人事業者のための税務会計〜確定申告ガイド
    

  ・HOME
【 ページ目次 】
  ・概要
  ・単式簿記
  ・複式簿記 その1
  ・複式簿記 その2
  ・正規な簿記
  ・簡便な簿記
  ・簡易な簿記
  ・簡易な方法による記載
  ・実務と簿記の基本

 HOME > 複式簿記、単式簿記


    複式簿記、単式簿記
    (ふくしきぼき、たんしきぼき)

   (2013年3月 更新)


   【 簡便な簿記 】
   他には、「簡便な方法」とか、「簡便な方法による簿記」とも言う場合も御座いますが、

   まあ簡単に言えば、そうですね・・・
   要件さえきちんと満たしていれば、多少簡略化した簿記による会計処理も〜 それはそれで
   また 「正規な簿記」として認められる。。。 といった、

     「簡略化した簿記による会計処理

   の事を言い、

尚、この 「簡便な簿記」に関しましては、単式とか複式とか・・・ いわゆる簿記の形式を指すものではありません。 まあ簡単に言えば〜 簿記を行う上での 「考え方」や 「簿記帳簿の管理方法」と思って頂ければよろしいかと。。。

また、類語で、現金主義による・・・ 青色申告者や、白色申告者に必要な記帳義務などで使われる 「簡易な簿記」という言葉も御座いますが、そちらの用語につきましては〜
⇒ 簡易な簿記】 ←こちらにて。。。

   代表的な要件や適用箇所を 具体的に紹介してみますと。。。

   企業会計原則で言う 「⇒ 重要性の原則」による適用要件が、
   一番の有名どころではないでしょうか。
   (※ というか、私はコレしか知りませんので、他は割愛させて頂きたく。。。 m(_ _)m)

   例えば・・・ いつもなら発生主義前提でしか認められなかった会計処理も、
   その 「重要性の原則」が適用可能とされる部分であるならば〜
   その部分的にのみ 「現金主義」を適用する事も可能ですよ。。。 とかいった場合などの、

   後者に当たる部分の事を〜
   「簡便な簿記」、又は 「簡便な方法による簿記」と言います。
   (↑ この事例における後者は、「現金主義」の部分がそうですね ^^)
   (↑ 尚、それら実務例は ⇒ こちら

   つまり、「公認」? な 「手抜き」に関する補足事項 (一種の特例)の部分に相当する 会計処
   理 (簿記)と。

   ちなみに〜
   ここまでのご閲覧の中、なんとなく雰囲気で分かるかと思われますが、
   これらは 「正規な簿記」の中で認められている 手抜き的補足事項となっておりますため、

   まあ元から 「正規な簿記」を基準とした簿記を採用されていない方にとっては、
   (↑ 具体的には・・・ 65万円の特別控除を適用中の青色申告者の方)

   ここで言う 「簡便な簿記」とは ほとんど接点となる箇所はないと思われますので〜
   これらも予めお見知り置きのほどを m(_ _)m
   (※ ただ税務上でも、会計の基準はあくまで 「正規な簿記の原則 (発生主義の複式簿記
      )」によるが本来となっておりますため、例え白色申告者でも、絶対に接点がないとは
      言えず、また部分的に参考となろう箇所もあるかもしれませんので、、、
      これらあわせ何卒予め m(_ _)m)



NEXT >>> 【 簡易な簿記 】

HOME へ戻る
Back to the HOME


Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.