SOHO・確定申告ガイド 個人事業者のための税務会計〜確定申告ガイド
    

  ・HOME
【 ページ目次 】
  ・事業用としての自動車
  ・自動車の購入
  ・自動車ローン、クレジット
  ・自家用車の事業転用
  ・自動車の売却、廃車
  ・自動車の売買、応用編
  ・自動車の税金
  ・自動車の維持費、車検
  ・自動車の修理、事故
  ・カー用品の購入

 
 HOME > 自動車に関する経費・仕訳


    自動車に関する経費・仕訳
    (じどうしゃにかんするけいひ・しわけ)

   事業をする中で、思ったより使う場面のある自家用車。
   ヤフオク・ビジネスやアフィリエイターの方でも、ちょっとした情報収集に車を使う事だってあり
   ますよね〜。

   「ホームページに掲載する写真の撮影外出」、「家電ショップで事業用パソコンの備品を購入」
   ・・・など、これらも立派な事業用途です。

   (2008年11月 更新)
   (※ 尚、当サイト管理人でもある私は、自動車業界に過去15年ほどの勤務歴があり、
     また今も尚、個人事業者・SOHO業のかたわら〜 車業界へもたずさわっており、
     まあ一応クルマに関する知識には、そこそこ自信は御座いますので <(_ _)> ナニトゾヨロシク)


   【 事業用としての自動車 】
   手持ちの自家用車でも、事業の用に使えば立派な事業用途。
   ガソリン代から修理費用まで、事業用として使った分は必要経費にする事が出来ますよ〜 ^^

   また、自家用車を事業用の車へ転用したり、私用と業務用の兼用車として車を購入した場合
   には、車の資産価値や家事按分によって、車両価額を減価償却して必要経費に算入する事
   だって可能です!

   事業用として10%の使用割合でも、自動車に必要な維持費から購入費用まで、自動車に関
   する出費の10%を必要経費にする事が出来ます。

   私は、個人事業を始めてからかなり時間が経過した頃に、自動車に関する節税知識を知り、
   「知っていれば必要経費に算入出来ていたのに〜!」・・・と 思う場面が何度となくありました。
   これから個人事業を! 来年から確定申告! という方は、当サイトでばっちり勉強されて、か
   しこく上手な節税方法を身に付けておきましょう〜  \(^。^)/


   
   Q. 自動二輪(バイク)も、事業用として使えば必要経費になりますか?
   A. なります。 事業用途であれば、バイクでも原チャリでも必要経費に算入可能です。


   
   Q. 私用・業務の兼用として自動車の購入を検討していますが、金額はいくらくらいまでだ
       ったら必要経費になりますか? また、ダメな車種はありますか?
   A. 基本的には、事業用途としての金額の上限や、車種規定なるものは存在しません。
       「間違いなく事業用として使っています!」、「事業用として必要な機能が備わっている
       車です!」 と、主張が出来る「証拠」や「記録」があれば、車種や金額に関係なく必要
       経費に算入する事は可能です。

       但し! 個人事業者の場合には・・・、
       収入に見合っていない高額車や、事業用として必要性が問われる金額の自動車を購
       入したとなると、税務署のチェックが厳しくなり、税務調査の可能性が高くなってしまう
       事も・・・。

       「自動車ローンの審査では年収の3分の1が基準」・・・と言われているように、家事兼
       用の乗用車の場合には、年収の3分の1程度に抑えておいた方が無難だと思います
       よ〜(あくまでも私の個人的な意見ですが・・・ ^^)。

       あ!それと・・・、
       事業用途としてふさわしくないと思える車種(個人的趣味の強いスポーツ・クーペ等)
       も避けておいた方が無難でしょう。

       確定申告は「自己申告」なので、税務調査やツッコミがない限りは税務署側に車種が
       知られる事はありませんが、もし、後になって税務署に「ダメ!」と言われるような事が
       あれば、年度をさかのぼってまで修正申告&追徴課税・・・なんて事も。

       事業用途に自身のある高額車の場合には、前もって税務署に相談される方が良いか
       もしれませんね〜 ^^ まあ、それでも申告時に目立った金額であれば、税務署のチェ
       ックが厳しくなる可能性は高いですが・・・。

      


   
   Q. 事業用途の按分率はどのように決定するのが良いでしょうか?
   A. 1ヶ月間(出来れば2〜3ヶ月間)の「運行記録」を取り、総走行距離や使用日数から、
       平均的な使用率を決めるのが良い方法です。
       行き先や走行距離を記録した「運行記録」は大切に保管しておき、もし税務署からツッ
       コミがあった場合でも、堂々の証拠として見せられるようにしておきましょう ^^



NEXT >>> 【 自動車の購入 】

HOME へ戻る
Back to the HOME


Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.