SOHO・確定申告ガイド 個人事業者のための税務会計〜確定申告ガイド
    

  ・HOME
【 ページ目次 】
  ・事業用としての自動車
  ・自動車の購入
  ・自動車ローン、クレジット
  ・自家用車の事業転用
  ・自動車の売却、廃車
  ・自動車の売買、応用編
  ・自動車の税金
  ・自動車の維持費、車検
  ・自動車の修理、事故
  ・カー用品の購入

 
 HOME > 自動車に関する経費・仕訳


    自動車に関する経費・仕訳
    (じどうしゃにかんするけいひ・しわけ)

   先ずは、お買物の花形一大イベント! 「自動車の購入」編です。
   自動車の購入に欠かせない「販売諸費用」や「税金類」をバッチリと理解して、ビシッとクール
   な仕訳を決めちゃいましょう〜 ^^)/

   少々余談ではありますが・・・、
   私は、自動車業界15年勤務のベテラン業界人の職歴を持っていますので、自動車に関する
   ちょっとした知識には自信があったりもします  く(^v^)
   (2008年11月 更新)


   【 自動車の購入 】
   自動車の注文書を見てみると、自動車税やら自賠責保険やら・・・車両本体価格に色々な諸
   費用が引っ付いてきますよね〜。購入時に取り付けたオプション品や整備費用なども合わせ
   ると、何をどういう感じで仕訳をすれば良いのだか・・・。

   自動車購入時の仕訳に使われる「勘定項目」を、諸費用別に振り分けてみました ^^


      ( 自動車購入・勘定項目表 )
勘定科目 摘要
 車両運搬具
 (有形固定資産)
 車両本体価格、付属品(カーナビ等)、整備費用、車検費用、
 納車費用(車両運送費)など・・・ (※1

 尚、その車両価格などによっては、有形固定資産扱いでなく
 ても良い場合もありますので、その辺りにつきましては〜
 「⇒ 減価償却について」 ←こちらをご参照までに。
 支払手数料
 (経費)
 登録手続費用(名義変更)・車庫証明費用など・・・ (※2
 ナンバー代、下取り費用や銀行借入時の「保証料」なども。
 (※ 保証料は、要注意事項あり)
 租税公課
 (経費)
 自動車税、自動車重量税、自動車取得税※3)、
 
預り法定費用・・・
 損害保険料
 (経費)
 自動車保険(任意保険)、
 自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)・・・
 利子割引料
 (経費)
 支払金利手数料
 預託金
 (投資等・資産)
 リサイクル預託金 (※4
 前払金
 (流動資産)
 申込金、手付金、内金など、契約や納車前に支払った費用。
 (オークションによる中古車の注文手数料なども)
 前払費用
 (流動資産)
 販売店の有償サービス保証(3年保証の延長料など)、
 銀行借入時の来期以降の「保証料」部分。

     ※1 ・・・ 付属品は、カーナビやマット・バイザー類、メーカーオプション・ディーラーオプション
            などの注文装備品の事を言います(もちろんETC車載器も・・・)。

     ※2 ・・・ よく疑問として取り上げられる「登録手続費用」と「車庫証明費用」ですが、
            「所得税基本通達49-3(国税庁HP)」によると、「登録に要する費用は取得価額に
            算入しなくてもよい」 とありますので、これらの費用を「支払手数料」として経費へ
            算入するか、取得価額に含めて減価償却するかは個人の自由ですね〜 ^^
            (
※ 但し、所轄の税務署や税理士などによっては、取得価額へ含めるべき・・・
               といった見解がされている場合もあるようですので、
               もしこれら費用を取得価額へ含めない場合には〜 一応念のため、
               所轄の税務署窓口などでご確認を


      ※3 ・・・ 自動車取得税に関しましては、法人では取得価額として、その税額を 「固定資産」
            勘定へ計上する事が可能だそうですが、ただ個人事業者などを対象とする所得税
            法上では〜 それら取得税は 原則 「必要経費 (つまり租税公課勘定)」としての
            費用算入しか認められておりませんので・・・ 予めご注意のほどを。
            【これら根拠 ⇒ 国税庁HPより (自動車取得税を支払った時)


     
     ※4 ・・・ リサイクル預託金は、「預託金」の勘定項目で資産計上します。
            預託金の新規支払時に必要な
「資金管理料金」のみは、「雑費」などで損金へ算入
            ます(必要経費で処理)。

     ----------------------------------------------------------
    ※ やよいの青色申告には「預託金」の勘定科目がありませんので、「編集」 → 「科目
       設定」 → 固定資産の「投資等」欄で右クリック → 「勘定科目の作成」 で、新規
       作成します。
     -------------------------------------------------------------------------


   < 新車を購入 >
   事業用の新車を、事業主個人のお財布から全額出費。
   上記の(自動車購入・勘定項目表)をもとに、費用の振り分けを行ったとして・・・、
    ※ 金額は、こちらで適当に当てはめています。
    ※ 新古車 (未使用車)と呼ばれる自動車は含みません
      新古車は、法的には中古車扱いになっておりますので〜 予めご注意のほどを。

借方 金額 貸方 金額
 車両運搬具 1.050.000  事業主借 1.500.000
 損害保険料 139.500   -
 支払手数料 50.000   -
 租税公課 250.020   -
 預託金 10.000   -
 雑費 (※1) 480   -
               ※ 「雑費」は、リサイクル預託金の支払時に発生する「資金管理料金」です。

   尚、購入時に 「車両運搬具」として 有形固定資産扱いした車両代金 (購入車)等は、
   いわゆる・・・ 「減価償却資産」という扱いになり、
   (※ また、この資産に計上する代金は、いわゆる当資産の 「取得価額」となり、
      今後、減価償却を行う上で重要な部分ともなりますため〜
      以後お見知り? おきを m(_ _)m)

   今後は、毎年の決算月 (12月)において、その購入した自動車の法定耐用年数等に応じた
   減価償却を行う必要がありますので〜 これら予めご注意のほどを。
   (※ 減価償却して行かなければ、その自動車は1円たりとも必要経費に計上されません

   決算月の減価償却については、「減価償却について(別窓)をご参照下さい ^^

      
      自動車の取得日 (購入日)は〜 「
納車日」を基準に考えて下さい。
      また、自動車の減価償却は、「事業の用に供した日」 が
最低の基準になる事も〜 お忘れなく!

   ちなみに〜 上記例では ひとつの仕訳例を紹介してみましたが、
   これら自動車購入に関する もっともっと具体的、かつ実践的な仕訳例は・・・
   後程の 「自動車の売買・応用編」にても m(_ _)m
   (※ 自動車購入の際には、下取り車があったり・・・
      その他、ローンが絡んで来たり、色々な諸費用なども引っ付いてきますからね〜 ^^)


   < 中古車(新古車)を購入 >
   家事按分50%の中古車を購入。支払いは事業用資金から。
    ※ 金額は、こちらで適当に当てはめています。
    ※ 新古車(未使用車)は、法律上では「中古車」になります(全くの未使用であっても)。
      新車 = 全くの未登録 (一度も車検証やナンバーが交付された事がない)の車のみ。

借方 金額 貸方 金額
 車両運搬具 1.050.000  現金 1.499.520
 損害保険料 69.750   -
 支払手数料 25.000   -
 租税公課 125.010   -
 預託金 10.000   -
 事業主貸 219.760   -

      預託金の支払時に必要な「資金管理料金」は、一番初めに支払う消費者が負担する
      事になっていますので、「リサイクル預託済み」の中古車を購入する場合には「資金管
      理料金」の負担・費用計上はありません。

      事業主貸の219.760円は、必要経費に算入する「損害保険料」「支払手数料」「租税公
      課」の家事使用分(按分)。
      (※ 車両代に関わる家事按分は、後程の 減価償却時において振り分けます)

   尚、購入時に 「車両運搬具」として 有形固定資産扱いした車両代金 (購入車)等は、
   いわゆる・・・ 「減価償却資産」という扱いになり、
   (※ また、この資産に計上する代金は、いわゆる当資産の 「取得価額」となり、
      今後、減価償却を行う上で重要な部分ともなりますため〜
      以後お見知り? おきを m(_ _)m)

   今後は、毎年の決算月 (12月)において、その購入した自動車の法定耐用年数等に応じた
   減価償却を行う必要がありますので〜 これら予めご注意のほどを。
   (※ 減価償却して行かなければ、その自動車は1円たりとも必要経費に計上されません

   中古車に関する減価償却や資産の耐用年数などは、「中古品の減価償却(別窓)をご参照
   下さい〜  \(^v^)/

      
      自動車の取得日 (購入日)は〜 「
納車日」を基準に考えて下さい。
      また、自動車の減価償却は、「事業の用に供した日」 が
最低の基準になる事も〜 お忘れなく!

   ちなみに〜 上記例では ひとつの仕訳例を紹介してみましたが、
   これら自動車購入に関する もっともっと具体的、かつ実践的な仕訳例は・・・
   後程の 「自動車の売買・応用編」にても m(_ _)m
   (※ 自動車購入の際には、下取り車があったり・・・
      その他、ローンが絡んで来たり、色々な諸費用なども引っ付いてきますからね〜 ^^)



NEXT >>> 【 自動車ローン、クレジット 】

HOME へ戻る
Back to the HOME


Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.