SOHO・確定申告ガイド 個人事業者のための税務会計〜確定申告ガイド
 HOME > 旧定額法、旧定率法


   【 旧定額法、旧定率法 】
   (2013年1月 更新)

   現在新たに取得される減価償却資産については 「定額法・定率法」を採用して減価償却する事にな
   りますが、平成19年3月31日以前に取得された減価償却資産は 「旧定額法」「旧定率法」で減価償
   却を行う事が原則となります。

   平成19年3月31日以前に取得された資産を事業用へ転用された場合には 「旧定額法」等が必要に
   なりますので、必要に応じてご参照下さい ^^)/


   < 旧定額法 >
資産の取得価額 × 90% × 定額法の償却率 × ( 使用月数 ÷ 12)

   これが旧定額法の基本となる計算式なんですが、
   旧定額法では、「資産の取得価額 × 5%」の額までしか減価償却出来ません。
   つまり、取得価額の95%を減価償却し、残りの5%は 「残存価額」として残しておく必要があります
   (無形減価償却資産は100%償却可能)

   100万円の軽自動車(法定耐用年数4年)を購入し、旧定額法で減価償却を行った場合・・・
経過年数 計算式 減価償却費 残存帳簿価額
(翌年期首帳簿価額)
1年目 1.000.000 × 90% × 0.25 225.000  745.000 
2年目 1.000.000 × 90% × 0.25 225.000  520.000 
3年目 1.000.000 × 90% × 0.25 225.000  295.000 
4年目 1.000.000 × 90% × 0.25 225.000  70.000 
5年目 70.000 - 1.000.000 × 5% 20.000  50.000 
6年目 -- 0  50.000 

   これが旧定額法です ^^)/

   ちなみに・・・、
   償却率は旧定額法の償却率を用いる事に留意して下さい!

      (定額法の償却率表)
耐用年数 2 3 4 5 6 7 8 9 10
償却率 0.5 0.333 0.25 0.2 0.166 0.142 0.125 0.111 0.1
      上記の耐用年数を超える償却費については、
       http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40F03401000015.html
      ↑ こちらの下方をご参照下さい(減価償却資産の耐用年数等に関する省令 資料)

   平成19年4月1日以降において、平成19年3月31日以前に取得された減価償却資産を旧定額法で減
   価償却する場合、採用する資産の法定耐用年数は当時のものではなく、新しい現在のものを利用し
   ます。


   < 旧定率法 >
   旧定率法は、現在の定率法に比べてかなり簡単ですが、SOHO系ではあまり利用するケースも見ら
   れないので省略とさせて頂きます m(_ _)m

( 資産の取得価額 - 前年までの償却費累計 ) × 償却率 × ( 使用月数 ÷ 12)

   まー 折角なので、旧定率法の計算式を紹介しておきますね〜 ^^

   ちなみに・・・、
   旧定率法でも償却は取得価額の95%まで。 残りの5%は 「残存価額」として残します
   さらに、償却率も旧定率法の償却率を用いる事に留意して下さい!

       旧定率法の償却率については・・・、
           http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40F03401000015.html
           ↑ こちらの下方をご参照下さい(減価償却資産の耐用年数等に関する省令 資料)

   平成19年4月1日以降において、平成19年3月31日以前に取得された減価償却資産を旧定率法で減
   価償却する場合、採用する資産の法定耐用年数は当時のものではなく、新しい現在のものを利用し
   ます。

   【2013年1月・追記
   尚、これら旧定率法に関しましては、
   基本、平成19年3月31日以前に取得された 減価償却資産を対象にした減価償却方法 (定率法)
   の事を指しますが、

   ただ、現行の定率法に関しましても、
   平成23年度の税制改正により 定率法の減価償却制度が改正されておりまして・・・
   平成24年4月1日以降に取得されました減価償却資産に対しては、その改正後の定率法が適用
   (経過措置は除く)されることとなっており。。。
   いわゆるその旧制度も、一種の 「旧定率法」とも言えなくはないのですが、

   ただ一応 現行の税制・税務上におきましては、
   それら旧制度 (H19年4月1日〜H24年3月31日)の定率法は 「旧定率法」とは呼ばれておらず、
   あくまで 定率法の 「償却率」の一部を取った名称で呼ばれておりますので・・・
   (※ その旧制度の定率法も 「定率法」。 旧定率法とは呼ばれておりません)

 減価償却資産の取得日  適用される定率法の名称
 〜 平成19年3月31日以前  旧定率法
 平成19年4月1日〜 平成24年3月31日以前  250%定率法 (旧制度)
 平成24年4月1日以降〜  200%定率法

   以上 参考までに m(_ _)m



HOME へ戻る
Back to the HOME

        

Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.