SOHO・確定申告ガイド 個人事業者のための税務会計〜確定申告ガイド
 HOME > 勘定科目一覧 > 資産 > 有形固定資産 > 【 工具器具備品 】


     工具器具備品 


    【 読み 】
      こうぐきぐびひん

    【 概要 】
      用具・器具・工具・什器・備品などを管理する勘定科目。

    【 該当する主な費用 】
      パソコン・コピー機(複合機)などのオフィス機器、家具(机・イス)、冷蔵庫、工具、エアコン
      ・・・など。
      (※ 但し、営業取引き (販売)を目的とする 商品や製品的なモノは含みません)

    【 注意点 】
      ・尚、取得価額が10万円未満とされる工具器具備品などは、
       「販売管理費」勘定にて〜 一括経費 (全額を必要経費へ算入)とする必要があります。
       (※ つまり、いわゆる消耗品等と同等として取扱う) 【⇒ これら厳密には・・・

       但し、それ以外の工具器具備品は、
       原則〜 「減価償却資産」等として取扱い、その資産の条件や状況などによって 適所
       必要な減価償却などを行わなければいけませんので〜 これら予めご留意願います。


       ※ 減価償却資産について詳しくは、
                ・・・ 「減価償却資産」、「中古品の減価償却」をご参照下さい m(_ _)m
                (仕訳に関する事例も色々と御座います。。。)


    【 消費税の課税区分 】
      課税
      減価償却が必要な資産でも、取得時に全額課税。

    【 仕訳例 】
      ・事業用のパソコンをカード払いで購入した。 (※ 決済日 = 納品日である場合)
借方 金額 貸方 金額 摘要
 工具器具備品 500.000  未払金 500.000  事業用パソコンの購入

        当サイトは、SOHO系の個人事業者を対象としておりますので、法人に関する工具器具備品
          の情報は掲載しておりません。
          上記例は、一般的によく使うと思われる ほんの一例です。
          仕訳例は、税込み経理を基準としています。




HOME へ戻る
Back to the HOME

        

Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.