SOHO・確定申告ガイド 個人事業者のための税務会計〜確定申告ガイド
 HOME > 勘定科目一覧 > 費用 > 販売管理費(経費) > 【 消耗品費 】


     消耗品費 


    【 読み 】
      しょうもうひんひ

    【 概要 】
      取得価額が10万円未満又は 使用可能期間 (法定耐用年数)が1年未満のもの。

    【 該当する主な費用 】
      プリンター用紙やインクカートリッジなどの事務用品や、10万円以下の機械・器具工具備品・車
      両運搬具〜、10万円以上のものでも、明らかに使用可能な期間が1年以内のもの
      ・・・など。

    【 注意点 】
      ・自動車やパソコンなど 固定資産に該当するものでも、取得価額が10万円未満、又は使用可
       能期間が1年未満のものについては、「消耗品費」として経費計上が可能です。

       
      ・複数の部品によって機能するものは要注意です!
       例えばパソコン。
       最近では、CPU本体とディスプレイなどを単体販売している事も少なくありませんよね〜。
       本体が8万円でディスプレイが3万円・・・それぞれ10万円未満なので「消耗品費」に・・・という
       のはダメなんですね〜 ^^
       パソコンは、ディスプレイと本体、その他色々な周辺機器が揃って初めて機能する物体です
       から、上記の場合には、本体の8万円+ディスプレイの3万円=11万円が取得価額になり、
       消耗品費ではなく「減価償却資産」に該当します。
       単体では10万円未満ですが、間違っても「消耗品費」として経費処理しないように〜 ^^)/

            減価償却について詳しくは ・・・ 「減価償却って何?(別窓)

       
      ・消耗品費は使い勝手がかなり良く、勘定科目の中でもかなりポピュラーな存在なので、消耗
       品費だけ極端に膨らんでしまう事も考えられます。
       しかし、あまりにも膨らんでいる勘定科目は 税務署のチェック意欲をかき立てる要素満載で
       す。 「消耗品費」は使いやすい・・・と言う気持ちは分かりますが、あまりにも偏りすぎる仕訳
       は禁物ですよ〜 ^^)/

    【 消費税の課税区分 】
      課税

    【 仕訳例 】
      ・ショールーム用のディスプレイを8万円で購入。
借方 金額 貸方 金額 摘要
 消耗品費 80.000  現金 80.000  ショールーム用のディスプレイ

      【 必読 ⇒ 必要経費についてアレコレ。 仕訳をする上での基本事項、注意事項など

      ↑ 尚、ここにおける仕訳例に関しましては、
         企業会計原則の 「重要性の原則」に従い、買入時の即時費用化 (必要経費へ算入)を
         選択しての仕訳例
となっており、

         ちなみに〜 その購入したモノが、事業上大変重要性の高いモノと考えられる場合には、
         (※ 「⇒ 重要性? 重要性の乏しいもの・・・ とかについて」)

         一旦 「貯蔵品」勘定などで資産計上し、
         その後、実際にそのモノを 事業の用に供した日を基準にして・・・ その時に、「貯蔵品」
         を 「消耗品費」勘定へ振り替えるなどして、経費算入する仕訳が必要となるでしょう)



        当サイトは、SOHO系の個人事業者を対象としておりますので、法人に関する消耗品費
          の情報は掲載しておりません。
          上記例は、一般的によく使うと思われる ほんの一例です。
          仕訳例は、税込み経理を基準としています。




HOME へ戻る
Back to the HOME

        

Copyright(c) SOHO・確定申告ガイド All Rights Reserved.